RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ワンポイントばいぶる

聖書のことばを分かりやすく
ひと言の聖句を糧に・・・8月13日〜19日
0

    13日・試練の中だからこそ栄冠を目ざして
    「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いた人は、神を愛する者たちに約束された、いのちの冠を受けるからです。」(ヤコブ1:12)
    14日・心のブレーキを忘れないで過ごす一日
    「私の愛する兄弟たち…人はだれでも、聞くのに早く、語るのに遅く、怒るのに遅くありなさい。」(ヤコブ1:19)
    15日・主から受けた無償の愛に生きるように
    「しかし、あなたがたは自分の敵を愛しなさい。彼らに良くしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。…」(ルカ6:35)
    16日・隠れた所で見ている父の前に真実な一日
    「人に見せるために人前で善行をしないように気をつけなさい。そうでないと…あなたがたの父から報いを受けられません。」(マタイ6:1)
    17日・恵みの器として用いられるように
    「あなたがたのところに行くときは、キリストの祝福に満ちあふれて行くことになると分かっています。」(ロマ15:29)
    18日・今日も主の優しさに忘れずに信頼する
    「主は羊飼いのように、その群れを飼い、御腕に子羊を引き寄せ、懐に抱き、乳を飲ませる羊を優しく導く。」(イザヤ40:11)
    19日・主の恵みを翼に受けて引き上げられよう
    「…主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように、翼を広げて上ることができる。走っても力衰えず、歩いても疲れない。」(イザヤ40:31)

    | - | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ひと言の聖句を糧に・・・8月6日〜12日
    0

      6日・信仰者の深い悲しみも益とする神様
      「神のみこころに添った悲しみは、後悔のない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。」(コリ7:10)
      7日・今日も私の小さな奉仕を喜ぶ神様
      「そして、ある貧しいやもめが、そこにレプタ銅貨を二枚投げ入れるのを見て、…『…だれよりも多くを投げ入れました。』」(ルカ21:2)
      8日・自然界に目を向け神様の偉大さを確認
      「天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。」(詩19:1)
      9日・今日の苦労も主は尊く用いてくださる
      「…いつも主のわざに励みなさい。…自分たちの労苦が主にあって無駄でないことを知っているのですから。」(コリント15:58)
      10日・今日も人生のハンドルを御霊に任せて
      「私たちは、御霊によって生きているのなら、御霊によって進もうではありませんか。」(ガラテヤ5:25)
      11日・視野を広げて困難な方のために祈る
      「…聖徒たちを支える奉仕の恵みにあずかりたいと、大変な熱意をもって私たちに懇願しました。」(コリント8:4)
      12日・行き詰まっている私にも神様は優しい
      「窮した者の祈りを顧み、彼らの祈りをないがしろにされないからです。」(詩102:17)

      | - | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ひと言の聖句を糧に・・・7月30日〜8月5日
      0
        30日・今も私の叫びに耳を傾けている神様
        「ほむべきかな、神。神は私の祈りを退けず、御恵みを私から取り去られなかった。」(詩66:20)
        31日・信仰者の特権である賛美で締めくくる月
        「ハレルヤ。まことに、われらの神にほめ歌を歌うのは良い。真に楽しく、賛美は麗しい。」(詩147:1)
        8月
        1日・受けた恵みを人々に分かち与える一日
        「私がおまえをあわれんでやったように、おまえも自分の仲間をあわれんでやるべきではなかったのか。」(マタイ18:33)
        2日・祈りを聞いている方への信頼に生きる
        「…あなたがたが祈り求めるものは何でも、すでに得たと信じなさい。そうすればそのとおりになります。」(マルコ11:24)
        3日・嵐の中でも御翼の陰こそ平和を保つ所
        「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのために、あなたがたも召されて一つ…となったのです。」(コロサイ3:15)
        4日・サタンをも破る赦しの力を今日も発揮して
        「…キリストの御前で赦したのです。それは、私たちがサタンに乗じられないようにするためです。」(コリント2:10,11)
        5日・信仰の友を通して慰めてくださる神様
        「しかし、気落ちした者を慰めてくださる神は、テトスが来たことで私たちを慰めてくださいました。」(コリント7:6)
        | - | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ひと言の聖句を糧に・・・7月23日〜29日
        0

          23日・人の目に見えない所でどう生きるか
          「…管理者に要求されることは、忠実だと認められることです。」(1コリント4:2)
          24日・やがての時を見据えて今日を過ごす
          「…その土台とはイエス・キリストです。…その日は火とともに現れ、この火が、それぞれの働き…を試すからです。」(1コリント3:12-13)
          25日・見える所ではなく、見えない方に信頼を
          「その人は悪い知らせを恐れず、主に信頼して、心は揺るがない。」(詩112:7)
          26日・本物の愛に愛されている私を自覚して
          「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために…御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」(1ヨハネ4:2)
          27日・今日もジッと見守っている主を信じて
          「見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。」(詩122:4)
          28日・心が暗くなった時こそ主の恵みを数える
          「わがたましいよ。主をほめたたえよ。主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」(詩103:2)
          29日・不安な時こそ、今あることを感謝する
          「もしも、主が私たちの味方でなかったなら。さあ、イスラエルは言え。…ほむべきかな主。主は私たちを(守られた)…」(詩124:1,6)

          | - | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ひと言の聖句を糧に・・・7月16日〜22日
          0

            16日・雑音に耳を傾けずに主に心を向けよう
            「主の前に静まり 耐え忍んで主を待て。その道が栄えている者や悪意を遂げようとする者に腹を立てるな。」(詩37:7)
            17日・困難や試練の中で安易に近道を求めない
            「幸いなことよ 主に信頼を置き 高ぶる者や偽りに傾く者たちの方を向かない人。」(詩40:4)
            18日・自分で自分をおだてないように
            「だれも自分を欺いてはいけません。あなたがたの中に、自分はこの世で知恵のある者だと思う者がいたら…」(1コリント3:18)
            19日・今日は、残された人生の一日との自覚を
            「それは、あなたがたが地上での残された時を、もはや人間の欲望にではなく、神のみこころにいきるようになるためです。」(ペテロ4:2)
            20日・足を引っ込めないで主に洗って頂こう
            「それから、たらいに水を入れて、弟子たちの足を洗い、腰にまとっていた手ぬぐいでふき始められた。」(ヨハネ13:5)
            21日・牧師を愛し、牧師のために祈ろう
            「…わたしが遣わす者を受け入れる者は、わたしを受け入れるのです…わたしを受け入れる者は(父なる神様)を受け入れる…」(ヨハネ13:20)
            22日・低い立場に置かれたことを喜ぶ一日
            「人の子も、仕えられるためではなく仕えるために、また…贖いの代価として、自刎のいのちを与えるために来た…」(マルコ10:45)

            | - | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |