RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ワンポイントばいぶる

聖書のことばを分かりやすく
ひと言の聖句を糧に・・・11月19日〜25日
0

    19日・今日もわずかな物に忠実な信仰生活を
    「…よくやった。良い忠実なしもべだ。おまえはわずかな物に忠実だったから、多くの物を任せよう。…」(マタイ25:21)
    20日・粗末な私の心にも入りたく願っている主
    「見よ。わたしは戸の外に立ってたたいている。だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしは…入って…」(黙示録3:20)
    21日・今日も私と共にいて守ってくださる主
    「あなたが水の中を過ぎるときも、わたしは、あなたとともにいる。…押し流されず…焼かれず…燃えつかない。」(イザヤ43:2)
    22日・私の試練は、主も同じように経験された
    「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。…私たちと同じように試みにあわれたのです。」(ヘブル4:15)
    23日・へりくだりは新たな恵みへの踏み出し
    「ダビデ王は主の前に出て、座して言った。『神、主よ、私は何者なのでしょうか。…ここまで導いてくださったとは…」(2サムエル7:18)
    24日・信仰の戦いに過去何の経歴は必要ない
    「ダビデはサウルに言った。『あの男のために、だれも気を落としてはなりません。このしもべか…あのペリシテ人と戦います。」(1サムエル17:32)
    25日・祈りに応える主を信じ期待し続ける
    「たゆみなく祈りなさい。感謝をもって祈りつつ、目を覚ましていなさい。」(コロサイ4:2)

    | - | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ひと言の聖句を糧に・・・11月12日〜18日
    0

      12日・立ち止まってみことばを思い巡らす
      「キリストのことばが、あなたがたのうちに豊に住むようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、忠告し合い…歌いなさい。」(コロサイ3:16)
      13日・良い時も悪い時も神様は最善へと導く
      「…すべてのことにおいて感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(1テサロニケ5:18)
      14日・私も誰かを慰める存在であるように
      「しかし、気落ちした者を慰めてくださる神は、テトスが来たことで私たちを慰めてくださいました。」(2コリント7:6)
      15日・結実を期待して、今日も善意に生きる
      「あらゆる善意と正義と真実のうちに、光は実を結ぶのです。」(エペソ5:9)
      16日・話すよりも聞くことを心がけるように
      「子たちよ。今、わたしに聞き従え。幸いなことよ。わたしの道を守る者は。」(箴言8:32)
      17日・試練に揺すぶられる時こそ土台に頼る
      「その人は、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を据えて、家を建てた人…川の水がその家に押し寄せても…びくともしません…」(ルカ6:48)
      18日・主は私の求めを受け止めてくださる
      「ですから、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見いだします。…」(ルカ11:9)

      | - | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ひと言の聖句を糧に・・・11月5日〜11日
      0

        5日・聖霊のブレーキを受け入れる謙虚な心を
        「それから彼らは…聖霊によって禁じられたので、フリュギア・ガラテヤの地方を通って行った。」(使徒16:6)
        6日・今日もどなたかを慰める機会を求めて
        「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。それで私たちも…慰めることができます。」(コリント1:4)
        7日・意見が違う人こそハーモニーの相手
        「…あなたがたが心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父である神をほめたたえますように。」(ロマ15:6)
        8日・カッときた時に、父なる神様を想う
        「主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのに遅く、恵み豊かである。」(詩103:8)
        9日・心から神様に立ち返る謙虚さと勇気を
        「衣ではなく、あなたがたの心を引き裂け。…神に立ち返れ。主は情け深く、あわれみ深い…思い直してくださる。」(ヨエル2:13)
        10日・人の評価ではなく神様の目を意識して
        「彼は主の目にかなうことを行い、父祖ダビデのすべての道に歩み、右にも左にもそれなかった。」(2列王22:2)
        11日・私のうめきも祈りとして聞いて下さる
        「…しかし、私の願いの声をあなたは聞かれました。私があなたに叫び求めたときに。」(詩31:22)

        | - | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ひと言の聖句を糧に・・・10月29日〜11月4日
        0
          香りなのです。」(2コリント2:15)
          29日・心から周囲の人の友となるように
          「喜んでいる者たちとともに喜び、泣いている者たちとともに泣きなさい。」(ロマ12:15)
          30日・今日も私たちを養っていてくださる神様
          「烏のことをよく考えなさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず…それでも、神は養っていてくださいます。…」(ルカ12:24)
          31日・試練さえも恵みの時としてくださった主
          「わがたましいよ。主をほめたたえよ。主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」(詩103:2)
          11月
          1日・御翼の陰こそ、私にとって一番安全
          「私をあわれんでください。神よ。…あなたに身を避けていますから。私は、滅びが過ぎるまで、御翼の陰に身を避けます。」(詩57:1)
          2日・今日も真の神様に付く者との自覚を
          「エリヤは皆の前に進み出て言った。『おまえたちは、いつまで、どっちつかずによろめいているのか。…』」(1列王18:21)
          3日・主の目に天国にふさわしい者であれ
          「子どもたちを来させなさい。…天の御国はこのような者たちのものなのです。」(マタイ19:14)
          4日・困難な時にこそ友と一緒に祈る信仰
          「それからダニエルは自分の家に帰り、自分の同僚のハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤにこのことを知らせた。」(ダニエル2:17)
          | - | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ひと言の聖句を糧に・・・10月22日〜28日
          0

            22日・貧しく乏しいことを感謝して受け入れる
            「主に向かって歌い、主をほめたたえよ。主が貧しい者のいのちを、悪を行う者でもの手から救い出されたからだ」(エレミヤ20:13)
            23日・私の願いをはるかに越えた神様の助け
            「私たちが仕える神は…私たちを救い出すことが出来ます。…しかし、たとえそうでなくても、…」(ダニエル3:17-18)
            24日・神の子と呼ばれると特権を感謝して
            「私たちが神の子どもと呼ばれるために、御父がどんなにすばらしい愛を与えてくださったかを、考えなさい。」(1ヨハネ3:1)
            25日・今日も神様の先行的な愛を信じて
            「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために…御子を遣わされました。ここに愛がある…」(1ヨハネ4:10)
            26日・神様の恵みは私たちの全てに十分
            「あらゆる恵みに満ちた神…が、あなたがたをしばらくの苦しみの後で回復させ、堅く立たせ、強くし、不動の者として…」(1ペテロ5:10)
            27日・試練は私たちを主に近づけてくれる
            「イエスは、自ら試みを受けて苦しまれたからこそ、試みられている者たちを助けることが出来るのです。」(ヘブル2:18)
            28日・キリストの香りを人々に感じて頂く一日を
            「私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、神に献げられた芳しいキリストの香りなのです。」(2コリント2:15)

            | - | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |