RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ワンポイントばいぶる

聖書のことばを分かりやすく
詩篇と共に歩む日々・・・5月20日〜26日
0

    20日・試練の中でも変わらない神様に信頼を
    「神よ あなたご自身が 私たちを拒まれるのですか。神よ あなたはもはや 私たちとともに出陣なさらないのですか。 」(詩60:10)
    21日・無に等しい者を用いてくださる神に期待
    「神にあって 私たちは力ある働きをします。神が 私たちの敵を踏みつけてくださいます。」(詩60:12)
    22日・弱っている者の祈りにこそ答える神様
    「私の心が衰え果てるとき私は地の果てからあなたを呼び求めます。どうか 及びがたいほど高い岩の上に私を導いてください。」(詩61:2)
    23日・語ることを止め、神様の応答を期待する
    「私のたましいは黙って ただ神を待ち望む。私の救いは神から来る。」(詩62:1)
    24日・試練の中で知る神様の確かな土台
    「神こそ わが岩 わが救い わがやぐら。私は決してゆるがされない。」(詩62:2)
    25日・神を知らない人々に期待しすぎないこと
    「実に彼らは 人を高い地位から突き落とそうと企んでいる。彼らは偽りを好み 口では祝福し 心では呪う。」(詩62:4)
    26日・頼る資格がないと思う時こそ主に頼れ
    「民よ どんなときにも神に信頼せよ。あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。神はわれらの避け所である。」(詩62:8)
     

    | - | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    詩篇と共に歩む・・・5月13日〜19日
    0

      13日・心が動揺する時こそ主に支えて頂く
      「心に恐れを覚える日 私はあなたに信頼します。神にあって 私はみことばをほめたたえます。」(詩56:3,4)
      14日・私の涙を尊いものと受け止める神様
      「あなたは 私のさすらいを記しておられます。どうか私の涙を あなたの皮袋に蓄えてください。」(詩56:8)
      15日・嵐の中で頼るべきものは主の御翼の陰
      「…私のたましいは あなたに身を避けていますから。私は 滅びが過ぎ去るまで 御翼の陰に身を避けます。」(詩57:1)
      16日・揺らいだ後に知る本当の土台
      「神よ 私の心は揺るぎません。私の心は揺るぎません。私は歌い ほめ歌います。」(詩57:7)
      17日・どんな悪も神は必ず打ち負かされる
      「しかし主よ あなたは彼らを笑い すべての国々を嘲られます。」(詩59:8)
      18日・神様の恵み深さが私の力と勝利のカギ
      「私の恵みの神は 私を迎えに来てくださる。神は 私に敵を平然と眺めるようにしてくださる。」(詩59:10)
      19日・神様への希望は必ず喜びとなる
      「…朝明けには あなたの恵みを喜び歌います。私の苦しみの日に あなたが私の砦 また 私の逃れ場であられたからです。」(詩59:16)

      | - | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      詩篇と共に歩む日々・・・5月6日〜12日
      0

        6日・神様が味方なら誰も恐れる必要はない
        「見知らぬ者たちが 私に立ち向かい 横暴な者たちが 私のいのちを求めています。彼らは神を前にしていないのです。」(詩54:3)
        7日・困難をも直視する信仰の勇気
        「神がすべての苦難から私を救い出し 私の目が敵を平然と眺めるようになったからです。」(詩54:7)
        8日・泣くとしたら神様の前で泣くように
        「私をみこころに留め 耳を閉ざさないでください。私は悲嘆に暮れ 泣き叫んでいます。」(詩55:2)
        9日・苦難の中に留まって主の恵みを味わう
        「ああ 私に鳩のように翼があったなら。飛び去って 休むことが出来たなら。」(詩55:2)
        10日・私の苦悩の祈りは神の耳に届いている
        「夕べに朝に また真昼に 私は嘆き うめく。すると 主は私の声を聞いてくださる。」(詩55:17)
        11日・嵐の中の心の平安こそ主の恵みの賜物
        「主は 私のたましいを敵の挑戦から 平和のうちに贖いだしてくださる。私と争う者が多いから。」(詩55:18)
        12日・今日も私の重荷を一緒に担っている主
        「あなたの重荷を主にゆだねよ。主があなたを支えてくださる。主は決して 正しい者が揺るがされるようにはなさらない。」(詩55:22)

        | - | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        詩篇と共に歩む・・・4月29日〜5月5日
        0
          29日・苦難を通して神様との信頼関係は深まる
          「苦難の日に わたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出し あなたはわたしをあがめる。」(詩50:15)
          30日・心の奥底の隠れた罪にも恵みを求める
          「神よ 私をあわれんでください。あなたの恵みにしたがって 私の背きをぬぐい去ってください。あなたの豊かなあわれみ…」(詩51:1)
          31日・ただ恵みによって罪赦されたことを感謝
          「あなたの救いの喜びを私に戻し 仕えることを喜ぶ霊で 私を支えてください。」(詩51:12)
          5月
          1日・神は心へりくだった者に愛を注がれる
          「神へのいけにえは 砕かれた霊。打たれ 砕かれた心。神よ あなたはそれを蔑まれません。」(詩51:17)
          2日・全てをご存じの主に、ただ真実であれ
          「欺きの舌よ あまえはあらゆる滅びのことばを愛している。」(詩52:4)
          3日・神様に信頼する者こそ真の幸いを得る
          「しかし私は 神の家に生い茂るオリーブの木。私は世々限りなく 神の恵みに拠り頼む。」(詩52:8)
          4日・目に見えなくても神様に真実に過ごす
          「愚か者は心の中で『神はいない』と言う。彼らは腐っている。忌まわしい不正を行っている。善を行う者はいない。」(詩53:1)
          5日・敵に囲まれている時も神様は私の助け
          「神よ あなたの御名によって私をお救いください。あなたの力強いみわざによって 私を弁護してください。」(詩54:1)
          | - | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          詩篇と共に歩む日々・・・4月22日〜28日
          0

            22日・主はこの貧しい私にも語りかけられる
            「…すべて世に住む者よ 耳を傾けよ。低い者も高い者も 富む者も貧しい者も ともどもに。」(詩49:1,2)
            23日・私は弱くても私の主は敵よりも偉大
            「なぜ 私はわざわいの日々に 恐れなければならないのか。私のかかとを狙う者の悪意が 私を取り囲むときに。」(詩49:5)
            24日・絶望のどん底でも主は頼りになる親戚
            「しかし、神は私のたましいを贖い出し よみの手から 私を奪い返してくださる。」(詩49:15)
            25日・今日も永遠の視点を忘れずに
            「人は死ぬとき 何一つ持っていくことはできず その栄誉も その人を追って下ることはない。」(詩49:17)
            26日・御言葉に耳を傾け人間らしく過ごす一日
            「人は栄華のうちにあっても 悟ることがなければ 滅び失せる獣に等しい。」(詩49:20)
            27日・恐ろしい神様が私にとって愛の神様
            「私たちの神は来られる。黙ってはおられない。御前には食い尽くす火があり その周りには激しい嵐がある。」(詩50:3)
            28日・耳に痛くても神様の言葉は愛から出る
            「聞け わが民よ。わたしは語ろう。イスラエルよ わたしはあなたを戒めよう。わたしは神 あなたの神であるから。」(詩50:7)

            | - | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |